概要と沿革

▉挨 拶  ▉沿 革  ▉会員の規約

 

~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~

概 要

~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~

 

法人名 : 特定非営利活動(NPO)法人 ハートアライズ
設 立 : 2011年2月(2012年6月現在の法人名に改定)
所在地 : 岩手県盛岡市下太田下川原159-3(㈱メディエーションズ内)
電 話 : 019-681-9871(㈱メディエーションズ内)
FAX : 019-681-9872
メール : heart.arise.npo@gmail.com
HP : http://mediations.jp/heart-arise/
理事長 : 佐々木  純
事務局 : 遠山 友紀子

 

※㈱メディエーションズとは、ハートアライズ理事長が代表取締役社長を務める会社でハートアライズの運営を全面的にサポートしている法人です

 

 


 

 

~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~

会員数

~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~

(2018.8月現在)

 

正会員 250名

特別会員 1名

協賛企業 7社

 

協賛企業の詳細は「会員の募集」で紹介しています 

 

 


 

 

~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~

活動実績

~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~

(2018.9月現在)

 

日本の支援児童数 約350名

海外の支援児童数 約100名

命の水プロジェクト支援数 約5,000名

連携施設数 7施設 9ヶ所

浄水所建設 2基

学校建設 1校

 

 

 

~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~

挨 拶

~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~

 

{ 理事長挨拶 } 

 

佐々木  純

1975.4.9生まれ

O型

岩手県盛岡市出身

 

皆様こんにちは。代表の佐々木 純と申します。

会員・協賛企業の皆様、そして活動を支えていただいております皆様に心より感謝申し上げます。

現在、日本では約350名の子供支援、海外では約240名の就学支援、そして5,000名を超える人達に安全な水を提供する事が出来ました。

『命の水プロジェクト』では2基の浄水所、『学校プロジェクト』では1校の建設が出来、現在2校目の準備に取りかかっております。

(2018年現在)

今後も毎年1基もしくは1校を目標に続けていきたいと思っております。

人の役に立ちたいという気持ちがあっても、個人で出来る事は本当に限られた事しか出来ません。しかし、みんなで少しずつ力を合わせると、その力は足し算ではなくいつしか掛け算になっていくという事を実感しております。

何か後ろ盾があり始めた活動ではありませんでしたが、心ある人達と共に「今出来る事を、出来る人が、出来る範囲で」という気持ちで続けて来た結果、250名を超える会員さん、そして多くの協賛企業が賛同してくれるようになりました。

そのご支援は、確実に子供たちの未来を切り拓く大きな力になっております。

この豊かな日本でも、まだまだ支援を必要とする多くの子供たちがいます。かつて日本の窮地を救ってくれたスリランカには、現在多くの子供たちが助けを必要としています。

ハートアライズでは皆様の優しさ、献身愛、利他愛を一つに集めまして、これからも国内外を含め活動の場を広げていきたいと考えております。

皆様のあたたかいご支援をどうぞ宜しくお願い申し上げます。

 

 

{ 事務局挨拶 }

 

遠山 友紀子

1977.9.15生まれ

 

ハートアライズ事務局の遠山友紀子と申します。

いつもご理解とご協力をいただき感謝申し上げます。私は幼少の頃に気管支喘息で小学4年生から1年半入院しながら養護学校に通っていた経験があります。

事務局になり施設に誕生日プレゼントを毎月届けに行っている時にふとあの時の自分の親も四季を感じながら私に会いに来ていたのかと思うようになりました。

他にも自分の誕生日には外出日の数時間を利用し6時間くらい運転し自宅で祝ってくれた記憶がよみがえり、「あの時の私の誕生日は運転大変だったのでは?」と訪ねたら、「あの時は自分が出来ることを精一杯やるだけだった」と泣きながら話す母を見て、あの時は自分だけではなく親も辛かったのだと初めて気が付きました。

ハートアライズに出会っていなければ、幼少期の自分は大変だった…辛かった…という記憶しかないままだったと思います。ですが、自分が大人になりハートアライズのボランティアを通じて昔の自分を見つめることができ、親を始め、指導員の先生方など社会から大事に育てられたのだと気がついた時に、温かい大切なものを感じられるようになりました。

ハートアライズの名前の由来は、支援を受ける側も支援を行う側にも『心に愛が芽生える』という意味が込められております。

私は両方の立場から実際に体験した者として、今度は自分が社会や子供たち、スリランカの皆さんに恩返しする番だと思い活動しております。

今後とも皆様のご支援を宜しくお願い致します。

 

 

 

~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~

沿 革

~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~

 

2011年2月 任意団体として発足

支援先との提携開始

〇岩手県盛岡市社会福祉法人「青雲荘」

〇岩手県花巻市社会福祉法人「清光学園」

〇岩手県一関市社会福祉法人「ふじの園」

〇秋田県横手市立「社会福祉法人ファミリーケアサービス 横手市立県南愛児園

 

2011年3月 東日本大震災が起こる

甚大な被害を前に、急遽一年間を被災地域の支援に切り替える

・生活必需品、食料品を孤立地域に届ける

・生鮮食材の無料青空市場を定期的に開催

・仮設住宅へ共同の洗濯干し場を30基設置

・仮設住宅300世帯の窓の防寒対策 

 

2012年6月 本来の活動再開

団体名を現在の「ハートアライズ」に改名

 

2013年8月 継続的な活動が認められNPO法人化に

 

2013年12月 支援先の拡充

新たな児童養護施設と提携

〇日本赤十字社「岩手乳児院」

 

2015年4月 支援先の拡充

新たな児童養護施設と提携

〇秋田県秋田市社会福祉法人「感恩講児童保育院」

〇岩手県盛岡市社会福祉法人「愛児会」3施設

 ・みどり学園 ・盛合ホーム ・石川ホーム

 

2016年4月 スリランカ孤児の就学支援開始

これまで不定期で行っていた海外児童への継続支援を開始

 

2016年12月 スリランカ「命の水プロジェクト」開始

〇浄水所を建設(1基目)

 

2017年12月 スリランカ「命の水プロジェクト」

〇浄水所を建設(2基目)

 

2018年12月 スリランカ学校建設

〇学校を建設(1校目)

 

 

 

~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~

会員の規約

~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~

 

会員、特別会員、協賛企業(以下、会員という)は次の項目のご理解と遵守をお願い致します。 

 

1,皆様からお預かりした個人情報は個人情報保護法に基づき適正な管理を致します。

2,会員はハートアライズから知り得た情報を他に漏洩してはならない。または他の目的に使用してはならない。

3,ハートアライズに関する情報を転載・公開する場合は必ずハートアライズ事務局の許可を得る事とします。

4,会員はいつでも無条件に退会する事が出来ます。

5,会費の振込が連続した一定期間確認出来ない場合は、ご本人に継続の意思を確認致します。連絡が取れない場合は退会と致します。

6,本活動の運営に関する一切の決定権は役員会議に一任する事とします。

7,本活動や児童に不利益または損害になる事案を会員が発生させた場合、当該会員に損害賠償の請求をする場合があります。その場合、当該会員はその請求に従わなければならない。

8,本活動の妨げとなる行為が発覚した場合は、その会員を退会処分にする場合があります。

9,万が一規約に関する変更等が生じた場合、個別に通知は致しません。会報誌またはHPにて通知致しますので定期的なご確認をお願い致します。

10,入会の際は、以上の事項を承諾した上で行って下さい。

 

以上

 

 

▲上に戻る