HOME > 資料室

資料室

 

 

ようこそ!

こちらは資料室です。

まずは珪素について基本的な解説をご覧下さい。

 

一般公開されていない資料や専門的なデータ資料などをご覧頂くには、ページ下の資料室A・Bからご入場下さい。(専用IDパス必要)

※すでにお取引しているお客様でIDの発行をご希望の方はお気軽にお問い合わせ下さい。

 

 

 

 

珪素ってなに??

 

 まず最初に知って欲しい事!

それは、珪素は健康になる為に出来るだけ摂った方が良い栄養・・・ではなく!

人体そのもの、つまり心臓や肝臓、肺と言った臓器、血管や神経、リンパと言った器官、皮膚や髪、爪など、人体が構成される段階で欠かす事の出来ない第14番目の元素なのです。

本来人間の身体に存在している微量ミネラルですが、近年の環境問題や食生活の変化により日本人の慢性的な珪素不足が懸念されています。

 

 珪素の正体は?

珪素は地球上で酸素に次いで2番目に多い元素です。それだけ地球にとって、あらゆる生き物にとって重要だという事!
その正体は小さな植物プランクトン・珪藻で、地球上に約4,000種も分布していると言われる藻類の一種です。 

単体では眼に見えない微細なものですが、長い年月をかけて海底や湖底・土壌につもり「珪酸の層」を作り上げます。
珪素の小さな分子は1つ1つが珪酸のガラスの殻に覆われ、この殻の部分だけが残って化石となるので、純度の高い珪素の化石は透明な美しい結晶(水晶)になります。
人間が珪素を栄養素として摂取する方法は、野菜などの根菜類・穀物や岩盤を数百年かけてしみ出る湧き水などから摂取しています。
 

つまり! 

 

 珪素は 鉱物性 と 植物性 の2種類あるという事です。  

 

どちらの珪素も元になる元素は同じです。

土壌や鉱物に結晶化した状態で存在しているか・・・

微生物や植物酵素によって非結晶(アモルファス化)になった状態(籾殻や繊維質として)で存在しているか・・・

どちらの珪素を抽出するかによって鉱物性と植物性の違いが生まれているだけです。

 

 


 

 

もう少し

詳しく説明しよう

 

鉱物由来の珪素 

鉱物(水晶)は珪素(シリカ)の固まりです。

当社が原料として使用する鉱物由来の珪素は、日本珪素医科学学会並び 日本珪素医療研究会 が研究を続けている水溶性濃縮珪素です。

両会は日本で初めて珪素の本格的な研究を開始した権威ある学会です。

当社は日本珪素医科学学会の幹事会、そして日本珪素医療研究会のスポンサー企業です。

 

 

 石を飲んでも大丈夫なの!?

 

イメージを考えれば そう思って不思議ではありません。

鉱物の微粒子、つまり石を細かく砕いた程度の珪素ならば問題があります。

実際、珪素の健康被害を心配している人は「珪肺症ーけいはいしょうーの事を言っているのでしょう。

珪肺症とは、鉱山の採掘場で働く人(炭鉱夫)が多くかかった病気で、その原因は石を砕く際に舞い上がる粉塵を長年大量に吸い込んだ事から発症する肺の病気です。

粉塵の中に珪素(シリカ)が多く含まれている為に「シリカ=健康に害がある」と誤った認識をしてしまったのでしょう。

 

当学会の水溶性珪素は、文字通り水溶性であり微粒子ではありません

すでに水に溶解した状態であり、『アモルファス化(結晶ではない状態)である為に体内に石が蓄積する様な健康被害などは一切無い事を明記しておきます。

 

この安全性については、何よりも公的な第三者機関による安全性試験データがあるので安心して下さい。

 

 

①体内動態・遺伝毒性

 

体内で役割を果たした珪素は、3~9時間かけ尿中から排出される事が明らかになっています。

そして、遺伝毒性がない事も証明されています。

②食品安全性

  厚生労働省が食品における珪素の安全性を次のように明記しております。

 


 

 

植物由来の珪素 

植物由来に対する安全性へのイメージの高さは世界共通ではないでしょうか。

そもそも非結晶である植物ですので、鉱物由来で触れた体内への蓄積といった懸念がありません

 

植物由来の珪素は、地中に溶け込んだ珪素を植物が根から吸収し内部に溜めている珪素を効率よく抽出した珪素です。

植物由来の大きな魅力の一つが、すでに植物や微生物が珪素を分解し非結晶(アモルファス化)にしてくれているという事です。

非常に固く結晶化した珪素を、分解し吸収する驚きの機能を植物は備えています。

 

地球の表層部の地殻は、なんと約30%が珪素で出来ています。その珪素を効率よく吸収し植物は生きているのです。

植物で最も珪素を多く含有している部分は「籾殻」です。この籾殻は大変堅く、鉄の刃をもってしても刃の方が摩耗してしまう程堅い植物です。

当社では独自の特殊な方法を用い、一次加工、二次加工、そして製品加工という3工程を行い、天然由来100% の植物性珪素を開発しております。

 

 

①残留農薬検査

 

原料由来の籾殻は無農薬栽培をしていますが、

残留農薬検査も行っています。

②放射能検査

  万全を期し、放射能検査を行っています。

③重金属検査

  万全を期し、重金属検査を行っています。

 

 


 

◇◆◇珪素ガイド 優良サイト◇◆◇

とても分かりやすいお薦めの珪素専門サイトです

『健康になりたい人のためのケイ素ガイド』

 ※別サイトへ移動します

 


 

 

世界でも

珪素は有名です

 

先進医療国ドイツで火がついた本格研究

 

医療分野において一番最初に珪素の可能性に着目したのは有名なフランスの科学者「ルイ・パスツール」だった。

これ以降、世界の大学研究機関において珪素の研究は続けられ、ドイツの医師でノーベル科学賞を受賞したアドルフ・ブーテント教授は珪素についてこう指摘している。

 

「珪素は今日も太古の昔も生命の発生に決定的に関わり、生命の維持に必要不可欠なものだ」と。

 

その後の珪素の研究はアメリカに移り、代表的な疫学研究として有名な「フラミンガム研究」によってさらに詳しい研究報告がなされていく。

研究が進み様々な有効性が明らかになるにつれ、いち早く珪素の製品化に力を入れたのがドイツの企業。

ドイツ国内で珪素の認知度が飛躍的に上がり、ドイツ国民ではその名を知らない人はいないとまで言われる様になり現在では世界100ヶ国以上に輸出される程珪素の需要は広がっていく。

 

珪素の世界的な需要の拡大を受け、日本でもいよいよ珪素の本格研究が始まる。

 

 

 

 

サービス開始から大好評!

予約殺到中のメディカルケア


 

メディケアサービス

Medi Care Service

 


 

データに基づいた健康診断サービス

 

ご案内チラシ はこちら

 

申し込み用紙 はこちら

 

私たちは、何となく健康にいいものを摂取する・・・ という発想ではなく、お客様の体内の栄養状態・健康状態をチェックし、一人一人に最も適していると考えられる健康提案、病気の予防を提案致します。

まずは、定期的に自分の身体を知る!ことから始めましょう。

 

 

・・・検査種別・・・

 

がんリスクチェック 

10,000円(税込)

詳細はこちら

 

痛みの少ない専用の採血検査キットで行います(指先からごく少量の採血をお願いします)

 

検査項目

 

【p53抗体】 

食道がん、大腸がん、乳がんなどの比較的早期のがんで陽性になるとされています

【CEA】 

いろいろな種類のがんの検査として広く用いられています

【参考部位】 

乳房、卵巣、子宮、食道、胃、大腸、すい臓、肝臓、肺、消化器系、婦人科系など

 

 

 

体内栄養素、体内有害重金属の測定 15,000円(税込)

詳細はこちら

 

無痛の専用医療用電子機器にて測定します

 

【必須ミネラル20元素】

カルシウム、マグネシウム、リン、ケイ素、ナトリウム、クロム、パナジウム、臭素、コバルト、モリブデン、カリウム、銅、亜鉛、鉄、マンガン、ヨウ素、リチウム、ゲルマニウム、セレン、硫黄

 

【有害重金属14元素】

アルミニウム、アンチモン、銀、ヒ素、バリウム、ベリリウム、ビスマス、カドミウム、水銀、ニッケル、白金、鉛、タリウム、トリウム

 

 

 

検査結果については、医療国家資格(医師、薬剤師、看護師)をもった者が丁寧に分かりやすく解説します。

より健康な生活をおくる為の生活習慣、食生活、サプリメント活用術などを具体的にアドバイス致します。

解説、アドバイスは無料で行っています。

検査方法など詳細についてはお気軽にお問い合わせ下さい。

 

 

 

 

 

これより先に進む為には、専用のIDが必要となります。

「専用IDパス」は、お取引が開始された時点で無料発行されます。

 

 

資料室は、当社のお客様に特別にご用意した専用ページです。

新しい資料が作成され次第随時更新していきますので定期的にチェックして頂く事をお薦めします。

IDパスをお忘れの方は再通知致しますのでお気軽にお問い合わせ下さい。

 


 

※AとBはIDが異なりますのでご注意下さい 

 

 

資料室Aはこちら

※資料室Aは、法人取引のお客様 専用ページです。

 

 

 

資料室Bはこちら

※資料室Bは、代理店・特約店のお客様 専用ページです。

 

 

 

 

▲上に戻る