1. HOME
  2. 活動案内
  3. スポーツ支援

WORKS

活動案内

スポーツ支援

スポーツ支援を通して
夢に向かう若者たち
そして地域の元気を応援します!

団体へのスポンサー

岩手県バレーボールクラブ
NPO法人アウルズ紫波 スポーツアカデミー

岩手県内の小学生、中学生、高校生、社会人を対象にバレーボールの技術向上を目的に運営されるスクール。
拠点となる施設オガールは、日本で初めてバレーボール専用コートを完備し、オリンピックでも正式採用されているフランスGerflor社製タラフレックスを床材に使用。日本国内プロチームの合宿にも活用されている。

コーチ 綱嶋(旧姓 向井)久子さん

経歴
就実高校時代、インターハイ優勝、国体優勝。
卒業後、石川島播磨重工呉、ユニチカで選手として活躍。
2000年東レアローズに移籍。
東レアローズでは、キャプテンとしてリーグ初の優勝。
国体・天皇杯・皇后杯全日本バレーボール選手権優勝の3冠に大きく貢献した。
2000年、2002年 – 全日本代表。
引退後、指導とバレーボールの普及に力を入れ、現在は岩手県に移住しアウルズ紫波で小学生~社会人までの指導を行っている。

綱嶋久子さんから
2014年に千葉県から岩手県に移住し、2014年8月にバレーボールアカデミーを設立しました。お陰様で毎年、約100名が県内全域から通ってくれています。

2020年のコロナウィルス蔓延を期に、健康や免疫についてこれまで以上に興味が湧き、調べていた時に「珪素」に辿り着きました。「珪素」の商品を扱っている会社を調べると岩手県にあるとの事を知り、「絶対にお話を聞きに行きたい!」と思っていたところ、知り合いのトレーナーさんからご紹介いただいたバスケットスクールをされている一般社団法人アイズの山本吉昭さんを通じて、メディエーションズさんとのご縁を頂きました。
現在、当アカデミーのTOPクラスの選手達をサポート頂いております。その他のアカデミー生もドクターレックス・プレミアムを生活に取り入れた事で、睡眠の質が上がり目覚めがスッキリしたり、止まっていた身長が伸びたり、基礎体温が1度も上昇したり、何といっても選手もコーチ達も風邪ひとつひくことが無くなりました。
成長期の選手達も、選手たちの成長をサポートするコーチ陣も益々元気に力を発揮していきたいと思います。これからもどうぞよろしくお願いいたします。

 

盛岡第二高等学校
バスケットボール部

1897年に市立盛岡高等女学校として創立し、2017年に創立120周年を迎えた歴史のある公立高校(現在は共学)。外部コーチ・藤江さんのプロで培った経験を活かした指導で、各大会での優勝やインターハイ出場を目指し、日々研鑽を積んでいる。

外部コーチ 藤江建典さん

経歴
福岡第一高等学校から九州産業大学に進学した後、2年次より白鷗大学に編入。
2010-2012 TGI D-RISE
2012-2015 富山グラウジーズ
2015-2016 岩手ビッグブルズ
2016-2017 秋田ノーザンハピネッツ
2017-2020 岩手ビッグブルズ
引退後は、盛岡第二高等学校の外部コーチとして指導をしている。

藤江建典さんから
私がメディエーションズさんのドクターレックス・プレミアムに出会ったのは約4年前のこと。
当時、私は現役のバスケット選手で、独り身ということもあり毎食のご飯をコンビニなどで済ませる毎日で決して良い食習慣ではありませんでした。大きいケガは無かったものの、その食習慣のせいなのか肉離れや捻挫などのケガが多く、コンディションが整いませんでした。そんな時にドクターレックス・プレミアムを飲み始め、1番に効果を感じたのは「トイレに行く回数が増えたこと」。次に「朝起きた時のだるさが無くなったこと」です。これだけでもすごく健康になっていると実感しました。そして何より、1日に必要な必須栄養素が入っているためか、肉離れなどの症状も一切なくなりました。
スポーツ選手にとって良い事尽くしのドクターレックス・プレミアムを盛岡ニ高の生徒にも提供していただけることを大変嬉しく思うのと同時に感謝致します。ケイ素を身体に摂り入れることで、生徒達のコンディションが良くなっていくことが楽しみです。
これからどうぞよろしくお願いします。

 

バスケットボールスクール
YAMAMOTO School I

スクールでは、試合で使える技術指導を中心にしっかりとしたバスケットボールの基礎技術を身に付け全国・世界に羽ばたく選手を輩出することを目標に活動していきます。
常に高いモチベーションを持つスクール生同士が切磋琢磨し岩手のバスケットボールの基礎レベルを上げてくれることを願っています。

体がつくられる成長期の過酷なトレーニングは長年蓄積し、将来のケガや慢性的な持病の一番の原因にもなります。
この大切な時期の体づくりに子供たちは弊社の製品を愛用しています。

一般社団法人アイズ代表 山本吉昭さん

経歴
横浜ギガスピリッツ
プロストリートバスケットボール-レジェンド-
岩手ビッグブルズ
滝沢クラブ
yamamoto school Iコーチ
一般社団法人アイズ 代表

山本吉昭さんから
メディエーションズさんからの支援がきっかけとなり、オリジナルのプロテイン「I-PRIMER」を共同開発させていただきました。
メディエーションズさんでプロテインを作りたいと思ったのには先ず私が『珪素』で人生が変わったということです。大袈裟に聞こえるかもしれませんが本当にそれくらい私は今までの人生喘息で苦しんでいました。
スポーツを通じてある程度改善されましたが、季節の変わり目や少しでも体調を崩すと発作が起こり、長い時では1ヶ月ベストなコンディションに戻らないこともありました。喘息で苦しんでる方には痛いくらいわかると思います。
珪素を摂取するようになって約4年くらい経ちますがそれから発作は一度も起こしてませんし、体調も崩していません。私にとってこんな奇跡はありません。

そして、もう一つはメディエーションズさんの活動に感銘を受けたからです。珪素で多くの方の身心共に救ってきたのはもちろんですが、児童養護施設への支援やスリランカに学校を建てるなど様々な支援に感動しました。
今ではI-PRIMERを通じで私にも喜びの声が届くようになってきました。スクール生のパフォーマンス向上はもちろん、骨折などで戦線離脱した選手が病院の先生が驚く程の回復力をみせたり、怪我をしない体づくりにもなっていると確信しています。喜びの声やパフォーマンス向上はなにより私の生きがいになっています。
珪素を必要の無い人は誰一人いません。健康寿命を伸ばすのと同時に私の関わるスポーツでは選手寿命を伸ばすのにも珪素は大きく活躍します。

一般社団法人アイズ

個人へのスポンサー

プロバレエ ダンサー

岩井優花 Yuka Iwai さん
K-BALLET COMPANY ソリスト

経歴
岩手県生まれ。4歳より小柳玲子バレエ教室でバレエを始める。
2014年よりジョフリーバレエアカデミー シカゴ トレイニープログラム所属。
15年同校スタジオカンパニー入団。16年ユース・アメリカ・グランプリNYファイナルTOP12。17年ジョフリーバレエ入団。主なレパートリーは、『くるみ割り人形』のマリー、『白鳥の湖』のパ・ド・トロワ/2羽の白鳥/パ・ド・カトル、『ジゼル』のモイナなど。
21年4月Kバレエ カンパニーにソリストとして入団。
主な出演作は、熊川版『ドン・キホーテ』の花売り娘/森の女王。

©K-BALLET COMPANY

岩井優花さんから
メディエーションズさんのサプリメントや化粧品を使わせていただいてから、身体やお肌の調子がとても良くなり本当に驚いています。

ドクターレックスプレミアムを飲み始めてからは、自分自身の体調管理がしっかりと出来ているように感じます。毎日のリハーサルで溜まった疲れも、次の日の朝にはリセットされ、スッキリと目覚めることができたり、動いた時の身体の軽さなど、飲み始める前と比べて身体の調子が目に見えて良くなりました。
また、ハードなリハーサルや公演が続くと、疲れから身体がだるくなったり、重く感じたりしますが、そんな時にいつもより少し多めにドクターレックスプレミアムを摂ることで、次の日の朝には疲れが軽減してすっきりと目覚めることができます。
ダンサーとして、食事に関しては特に気を使っていますが、普段の食事から摂取することが難しい栄養素もドクターレックスプレミアムを通して補うことが出来るので、栄養面に対しての不安や心配も無くなりました。
身体やお肌の調子が整うことで気持ちにも余裕ができ、それがパフォーマンスの向上にも繋がっていると確信しています。これからまた更にダンサーとして成長していけるよう、サプリメントや化粧品と共に頑張っていきたいと思います!

K-BALLET COMPANY ホームページ

岩井優花Instagram

 

プロサッカー選手

鈴鹿ポイントゲッターズ所属 阪田 章裕さん

1984年5月16日生まれ
(経歴)

京都JマルカFC
平安高校
立命館大学
セレッソ大阪
湘南ベルマーレ
大分トリニータ
AC長野パルセイロ
福島ユナイテッドFC
鈴鹿ポイントゲッターズ

阪田 章裕さんから
ドクターレックス プレミアムを飲み始めて(以前の形状のものを合わせると)約3年になります。

今年でプロ12年目になりますが、キャリアを振り返ると20代後半から怪我が多くなり、思うようにプレイできない時期もありました。ドクターレックスを飲み始めたのは30代に差し掛かった頃でしたが、それ以降は本来身体の負担が大きくなってくるはずの年齢にも関わらず以前ほど大きな怪我もせず、それまで頻繁に繰り返していた軽い怪我も少なくなりました。
普通は年齢と共に疲労しやすくなると思いますが、最近はマッサージを受ける回数を減らしているにも関わらず、疲労感を感じることも少なくなりました。33歳の今でも20代の頃と同じような感覚でプレイできています。
それから、アスリートは特に栄養面にも気を配らなくてはなりませんが、日々の食事だけで完璧な栄養摂取をするのは難しいというのが本音です。食事で完全に補うことが難しい栄養素をドクターレックスでカバー出来るので、栄養面での心配がなくなりました。あまり食事について神経質に考えすぎずにいられることで気持ちにも余裕が出来ますし、何よりも栄養についてはしっかり調整できているという安心感がパフォーマンスにも良い影響を与えていると思います。
まだまだ現役を長く続けていきたいので、これからもドクターレックス プレミアムとともに頑張っていこうと思います!

 

Bリーグ・岩手ビッグブルズ

プロ選手としてハードなトレーニングに耐えうる体づくりのサポートが目的で、2018~2021年シーズンまで支援を行ってきました。選手からは怪我が減った、体調管理が楽になったと嬉しいお声をいただきました。チームへの支援は一旦お休みとなりましたが、引き続き個別に支援をしております。

岩手ビッグブルズHP

自転車ロードレース選手 奥山太郎さん

これまで応援して来た奥村太郎さんは地元北海道に戻られましたので直接支援は一旦終了しましたが、私たちはこれからも変わらず岩手から声援を送っています。

活動案内